山ちゃんのシンプルライフハック

シンプルでより良い生活を目指す備忘録。2020年6月に新築の完成予定。

建築中だが、やっておけば良かったと気が付いた事3つ

我が家は建築中で完成まで残り2ヵ月。

まだ住み始めてもいないのに、やっておけば良かったと思う事がありました。

①外構を決めておけば良かった。

②カーテンを決めておけば良かった。

③部屋のサイズを決めておけば良かった。

①外構を決めておけば良かった。

外構イメージ


外構はかなり漠然と駐車場2台分とウッドデッキくらいは確定していました。

まだ家が完成するまで時間あるからと高を括っていました。

 

今思えばしっかりとした構想を練っておけば良かったと思います。

玄関アプローチや車の配置によっては、家の構造が変わっていたのかもしれません。

今の状態だと余った土地でどうするかな?という後出しです。

 

しかも現時点でかなり余裕なく外構を決めてます。

画竜点睛を欠く事ないようしっかりやりたいと思います。

 ②カーテンを決めておけば良かった。

カーテンイメージ


カーテンも後から決めるパターンが多いのですが、場所によっては下地が必要です。

 

今になって「天井に付けたい」と思ったのですが、もう壁が出来上がっているので

取り壊して下地を入れる追加工事扱いになってしまうので断念しました。

 

他にもカーテンボックスとか選択肢があったので、初めから決めておけば良かったと思いました。

③部屋のサイズを決めておけば良かった。

リビングの図面

 

我が家のリビング18畳の図面です。

妻が建築中の現場を見に行ったら「思ったより狭く感じる」と言います。

図面のサイズ感を把握していませんでした。

 

実際の家を沢山見て「18畳はこのくらい」といった感覚をもっと養っておくべきだと思いました。

そうすれば図面との乖離が少なくなります。

 

実際、工務店と契約する前は建売の家を沢山見てきたわけです。

 

それでも間取りを決めている打ち合わせの最中に、家を見に行く作業が必要だと感じました。

自分の考えている間取りを見ながら、この家より狭いとか広いとか見ていくのが良いと思います。

 

マイホームデザイナーでシミュレーションしていても思ったより狭いと感じた時がありました。

余裕で入るだろうなと思ってた大きめの家具を配置してみたら余裕無かったり。

 

我が家は今のところリビングにソファを置くつもりが無いです。

ソファとテーブル置こうとしたらリビングを大きくしていた可能性はあります。

 

こんな感じで家建つ前にやっておけば良かった事が思いつきます。

それでも住んでみたら大して気にならないかもしれません。

生活の仕方や工夫で改善出来るかもしれません。

新築に期待しつつ、住んでみてからまたレポート出来ればと思います。