山ちゃんのシンプルライフハック

シンプルでより良い生活を目指す備忘録。2020年6月に新築の完成予定。

家の進捗7か月前 草むしりと地鎮祭と挨拶回り

家の進捗の振り返りで今回は7ヶ月前に行われた「地鎮祭」について振り返ります。

 

地鎮祭を簡単に言いますと神様に土地をお借りするための儀式です。

実際には神主さんを呼んでお供え物をしてみんなでお礼をするような流れです。

 

数日前に草むしりを行い土地を綺麗にして、当日地鎮祭を行ってそのまま挨拶周りという流れです。

草むしり

私が土地を購入した時の場合、長年駐車場に使われていたこともあり雑草がたくさん生えていたので草むしりしてから地鎮祭を行いました。

 

草むしりは必ずしも必要ではありません。

私は個人的にこのような行事地鎮祭をするにあたって、「土地が綺麗な方がいいな」と思ったので草むしりをしようと思いました。

 

実際、工務店の担当者から言われたわけではなくこちらから提案した状態です。

工務店さんも大きめの草はとってくれていました。

そこから更に私は徹底的に草むしりをすることにしました。

土地 雑草
鬱蒼と生い茂っているわけではなく、左側の端っこの方に少し雑草が生えてるこの程度でした。

これぐらいなら余裕で終わるかなーと思っていました。

ちなみに土地は43坪程度です。 

 

予想に反して朝の7時ぐらいから開始して3時間もかかりました。

想像以上に手こずりました。草むしり自体がほぼ初めてで装備は軍手だけでした。

根っこから取りたかったので鎌を使わず引っこ抜く必要はあったのですが。

 

草むしり 前後

3時間ともなるとすわりっぱなしの作業でかなり腰に負担がかかりました。

 

草むしりをすると色々な発見があります。

自分の土地に這いつくばって観察する機会はそうそうありません。

 

いろんな種類の雑草が生えていることや虫がたくさんいること。

タバコの吸い殻や空き缶など細々としたものが色々ありました。

草むしりだけと思ってましたが、ゴミも沢山回収出来て良かったです。

 

庭に雑草防止のためにシート敷くことが多いですが、草むしりをして重労働だと分かったので雑草を防ぐ事は非常に重要だと感じました。

 

草むしり後

雑草を一通り取り終わって土地を見渡すと気分はすっきりします。

心置きなくて地鎮祭を迎える準備ができました。

地鎮祭の準備

地鎮祭の手配は工務店さんにお願いしました。

手配する先も工務店さんのお勧めで、一式準備してくれる楽なところを選んでいるようです。

 

私が用意したのは玉串料と呼ばれる謝礼3万円のみです。

 

事前に日程調整をするのですが、大安を狙っていました。

しかし、抑えていた日程が天気予報で台風で接近していることがわかり、2~3日前までやるかやらないか判断に迷いました。

 

前日になると夜中に雨が止みそうな天気に代わり、当日もよく晴れていました。

もし台風が直撃していたら、お供え物とかもあるので雨風が強い中は地鎮祭が中止になっていたでしょう。

 

危ういながら日程をそらさなかったのは、家族全員の予定を合わせるのが困難だったためです。無事に終わって本当に良かったです。 

地鎮祭の服装

地鎮祭の服装はややかしこまった服装にしました。

ネットで調べるとネクタイまで着ける完全なフォーマルな恰好でやる人もいるそうです。

工務店さんに聞いたらラフな格好で大丈夫ですと言われました。

 

私はスーツを着るという感じでもないのですが、お祝い事なのでやや崩したフォーマル8カジュアル2ぐらいの服装にしました。

 

地鎮祭 服装

実際にはスーツの上下に、インナーと靴だけやや崩した感じにしました。

地鎮祭が終わった後に挨拶回りもする予定だったのでこの服装にしました。

地鎮祭

現場に到着するとすでにお供え物など一通りの準備が終わっていて、神主さんと工務店担当者が待っていました。

 

地鎮祭 お供え物

地鎮祭自体は粛々と行われ30分程度で終わりました。

終わった後に記念撮影をして、お供え物を車に積みました。

最後に袱紗で包んだ玉串料を手渡し無事終了しました。

 

土地の神様どうぞ末永い付き合いをよろしくお願いします。

挨拶回り

地鎮祭が終わってそのまま挨拶回りに行きます。

用意したのはタオルです。迷いに迷ってごくごく無難な選択になりました。

 

挨拶回りは道路を挟んだ向かいの二軒と隣さんの合計3軒に伺いました。

 

結局その日に挨拶できたのは一件だけでした。

日を改めて挨拶することにしました。 

後日、挨拶回り

近所の人が不在なことが多く、5回以上訪問することになりました。

 

何回も建設現場行ったのですが、ご近所さんの顔を直接見る機会がなく非常に不安だったので、直接顔を見てご挨拶ができたことで安心することができました。 

 

お隣さんの場合は初対面にも関わらず20分以上話すとができました。

とても親切な方で安心しました。 

 

何回訪ねても不在だった時、手紙を置くだけにしようか迷いましたが、やはり直接顔を合わせた方が良いと思います。

お互いの信頼関係も増すはずです。

 

神様にもご近所さんにも挨拶出来て一安心です。

 

ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村